空ヲ繋グ者-用語集

当ページの文章につきまして他サイト、SNSへの無断転載・コピーは禁止致します。
引用の際はご連絡下さい。

主な種族

人間(オリジン

・魔獣のように力はなく、アルヴのように魔法は使えないが知能を持った生命体。集団で生活を好み、手先が器用なので住処や武器の製作、魔術、信仰など独特の文化を持つ。


アルヴ

・森に住み、耳が長い特徴を持つ種族。警戒心が高く、基本住処の森から出ることはない。魔力となる魔源妖精(シルフ)を分解し、触媒とする力を持っているため、魔法が使える。魔術のように複雑な術式はできないがその力は魔獣を超えることも。


魔獣オルド

・見た目は獣が多いが、個体によって様々。人やアルヴのように言語を持たないが、魔獣同士でしかわからない特別な周波を出すことで会話ができる生命体。魔法や魔術は使えないが三種族の中で最も力は強く、普段は個々で生活している。


空の民

・現在地の世界を統制している背に翼の生えた種族。常に仮面を被っているため、感情が見えない。天地戦争に勝利した後「王」を筆頭とし各地へ力を強めている。


他生物

獣人

・魔獣と人間の間に生まれた生命体。普段は人間の姿だが、体の一部を魔獣化することもできる。また、言語も喋れる。
力は魔獣より少し劣るが、人間より上。魔法や魔術は使えない。そのため魔獣の中では生き残るのが難しく、また人間たちからも差別的な扱いを受けることが多く、そのため人前で魔獣化や人間に擬態するのを嫌う者や隠す者も多い。


惡露アクロ

・空の民が古代大戦時に地上へ放った寄生獣。最初の姿は骨でできており、魔物や人間など無差別に寄生し宿主が死亡後、肉体を乗っ取ってしまう。


遺物ゴーレム/デブリ

・古代生物の亡骸をアルヴの魔術で動かせるようにした姿(ゴーレム)、または惡露が遺物に寄生した姿。魔獣より知能は低く、会話はできない。人や魔獣を無差別に襲うことも。


魔源妖精シルフ)/

森に発生する生命体。言語能力はないが意思を持つ。また体内に「魔力」を持ち、他の生命体に触れることで体内の魔力が暴走し突然変異を起こさせる。アルヴ以外はその姿を見ることができないと言われている。満星の日と呼ばれる魔源妖精が誕生する日に限り、人間もその姿を捉えることができる。人間たちによる呼称は「星」とも言われている。

役職

賢者

三種族の中で最も知恵・力に秀でた者の称号。地の世界では「王」が存在しないため、三賢者がそれぞれ国を治めたり政権を担っている。古代大戦後はホロイ一人で地の世界を統率していたが、天地戦争により彼が処刑された後は「空の王」が地の世界を支配したため残りの賢者達は各地域の象徴、代表的存在となっている。


三賢者

人間のホロイ、アルヴのエイテル、魔獣のヴァイアのことを指す。


守り人まもりびと

ホロイの首が眠る聖地-アイベルの森を守り続ける者のこと。アルヴであるシャタール一族を祖とし、聖域を守るだけでなく、森全体に暮らす生物のバランスを保つのも彼等の仕事である。現在はシャタール一族の血を引くシフォンが継いでいる。


祭司

主に賢者ホロイを信仰する村の代表者。閉鎖的な村の場合は村長的役割も担っている。


語りべ

真実の歴史を求め、傍観する者。蓄積された歴史は語りべ同士で共有することができる。


空の使者(アウグル)

地の世界での空の民の名称。又は空の王より地の世界に派遣された使徒たちのこと。


空の王

空の民を統率する者の称号。天使たちに「使命」を与え、世界の均衡を保つために存在する。


預言者

空の王の右腕的存在。現在はグーザただひとり。
預言者ではあるが、未来のことを見通せるということではなく、空の王より受けた啓示を地の世界にいる天使たちに送るメッセンジャー的な役割。現在は天使たちの主導権を持つ。

宗教

ホロイ教

賢者ホロイを信仰する集団または組織。天地戦争の後、空からの天災「血の粛清」があり、信者の数は今では数える程となってしまった。また空の支配により、公に信仰する行為は「異端」とされ、天使達や空を信仰する者達から迫害を受けている。エーデル国は年に一度行われる「感謝祭」にて、亡きホロイに対して悼み、聖地へと足を運ぶ者が密かにいる。


空信仰

天地戦争後、ホロイを裏切った者達と空の間で結ばれた宗教契約。この契約によりザントラを中心にホロイ教迫害の波が広がり、ザントラの民は空を信仰することで空の民はザントラを必要以上に介入せず、発展へと繋がった。そのため現在は未だにホロイを信仰し続ける村が多いエーデル国との対立が起きている。


妖精信仰

アルヴ達の間で古代から続いている独自の信仰。魔源妖精と会話できる彼らは自然を愛し、妖精と共に生きるため森を荒らす者──人間や空の民の介入を許さない。そのため妖精を追い出すような祭り事は禁止されている。シャタール一族はそれを破り、空の民や人間たちと繋がっているため他のアルヴ達からは除け者扱いになっている。

歴史

古代大戦

ホロイが地上を治めるまでの大戦のこと。
元は地上の支配権を握っていたアルヴと抵抗する魔獣との戦争でもあった。ホロイは両者の仲介の役割を果たし、アルヴの奴隷だった人間たちを解放した。そしてエイテル、ヴァイアと共に血の祝杯を交わすことによりそれぞれの地を三人の賢者が治めることによって和解したとされている。


天地戦争

賢者ホロイが空の民に宣戦布告し起こした地の世界と空の世界の戦争。結果は地の世界が敗北し、これにより空が地の支配権を握ることとなった。
以降空は敗者ホロイへの信仰を否定し、空の信仰を布教させ、地の民に圧力をかけるようになった。


血の粛清

ホロイの処刑後、空が地の世界へホロイに代わり権力を示すため行った天災。
これにより、地の世界の生物のほとんどが絶滅、死亡しており歴史上最も凶悪な天災となった。

​世界

世界は「地」と「空」の二つに分かれている。

地の世界

第一層から第四層まで分かれており、その中心には巨木が立っている。

​第一層 ザントラ

ヴルカーンから上層に位置する、文明が発展した地。上部に行くほど多くの人間が住んでおり、明るい。
ヴルカーンとは巨大な巨木の根によって隔てられており格差がある。


​第二層 ヴルカーン

人間、魔獣、獣人、アルヴなど様々な種族が暮らしている。空に信仰をするものが多く、主に中流階級の人間たちが住む。


​第三層 エーデル

草木が生い茂り、森が多く、未開拓土地が目立つ。ホロイを信仰する者の最後の地と言われ、迫害された信者たちが多く住む。暗く、光があまり届かないところにある。また空から落とされた遺物が多く眠り、ホロイの首が眠るとされている「聖域」もここにある。


第四層 ????

未発見の地。謎が多く、誰もたどり着いたことがない。


空の国(パラ・デイア

空の民の住む世界。光に包まれ、楽園のような存在だと言われている。

▼シェアする