空ヲ繋グ者-用語集

当ページの文章につきまして他サイト、SNSへの無断転載・コピーは禁止致します。
引用の際はご連絡下さい。

主な種族

人間(オリジン

・知能を持った生命体。集団で生活を好み、手先が器用なので住処や武器の製作、魔術、信仰など独特の文化を持つ。


アルヴ

・森に住み、耳が長い特徴を持つ種族。警戒心が高く、普段住処の森から出ることはない。魔力となる星を「誘導」する力=魔法を得意とするが、人間の編み出した魔術のように複雑な術式はできない。


魔獣オルド

・見た目は獣が多いが、個体によって様々。人やアルヴのように言語を持たないが、魔獣同士でしかわからない特別な周波を出すことで会話ができる生命体。魔法や魔術は使えないが三種族の中で最も力は強く、個々での生活を好む。
現在はその姿をあまり見かけなくなっている。


空の民

・現在地の世界を統制している背に翼の生えた種族。常に仮面を被っているため、感情が見えない。天地戦争に勝利した後「王」を筆頭とし地の世界への力を強めている。


他生物

獣人

・魔獣から人間の姿へと変化した生命体。普段は人間の姿だが、体の一部を魔獣化することもできる。また言語も喋れる。
力は魔獣より少し劣るが、人間より上。魔法や魔術は使えない。


遺物ゴーレム/デブリ

・古代生物の亡骸をアルヴの魔術で動かせるようにした姿(=ゴーレム)、または空の民の魔術により遺物を動かせるようにした名称(=デブリ)。魔獣より知能は低く、会話はできない。人や魔獣を無差別に襲うことも。


森に発生する生命体。言語能力はないが意思を持つ。また体内に「魔力」を持ち、他の生命体に触れることで体内の魔力が暴走し突然変異を起こさせる。アルヴ以外はその姿を見ることができないと言われている。満星の日と呼ばれる星が一斉に誕生する日に限り、人間もその姿を捉えることができる。

役職

賢者

最も知恵・力に秀でた者の称号。ホロイの別称。


守り人まもりびと

ホロイの首が眠る聖地=聖域を守護する者のこと。アルヴであるシャタール一族を祖とするが、現在はシフォン一人だけが継いでいる。


祭司

主に賢者ホロイを信仰する村の代表者。閉鎖的な村の場合は村長的役割も担っている。


空の使者(アウグル)

空の王より地の世界に派遣された使徒たちのこと。


空の王

空の民を統率する者の称号。天使たちに「使命」を与え、世界の均衡を保つために存在する。

歴史

天地戦争

賢者ホロイが空の民に宣戦布告し起こした地の世界と空の世界の戦争。
結果は地の世界が敗北し、これにより空が地の支配権を握ることとなった。
以降空は敗者ホロイへの信仰を否定し、地の民に圧力をかけるようになった。


粛清

ホロイの処刑後、空が地の世界へホロイに代わり権力を示すため行った災厄。
これにより、地の世界の生物のほとんどが絶滅することとなった。

​世界

世界は「地」と「空」の二つに分かれている。

地の世界

第一層から第四層まで分かれており、空から続く巨大な根が張り巡らされている。

​第一層 

魔獣たちが多く住む層。上空は木の根が広がっており、空の国の手前の層だと言われている。中央には一本の根でできた柱があり、古代の魔獣が封印されている。


​第二層 

一層とは巨大な巨木の根によって隔てられている。かつては人間、アルヴなど様々な種族が暮らしていた。熱を発する岩が多く、上層に進むにつれ大きな集落ができているが、ザントラを残した村以外は空の使者により破壊されている。

ザントラ…ヴルカーンから上層に位置する。空を崇拝することで生活が保証され、やや発展した村。三層より明るい。空を信仰する者がほとんど。


​第三層 

草木が生い茂り、森が多く、未開拓土地が目立つ。ホロイを信仰する者の最後の地と言われ、迫害された信者たちが多く住む。暗く、光があまり届かないところにある。また空から落とされた遺物が多く眠り、ホロイの首が眠るとされている「聖域」もここにある。

アイベル村…守り人が管理するホロイを信仰する者たちにとって最後の砦。


第四層 ????

シフォン達が空の使者から逃走した後にホロイによって転送された場所。
オーマが独自に「万が一の時に」準備を進めていたようである。


空の国(パラ・デイア

空の民の住む世界。光に包まれ、楽園のような存在だと言われている。

▼シェアする