絵柄のはなし

天使漫画をGW中に公開していたので、久しぶりにリハビリも兼ねて落書きしていました。

仕事で仕上げに触れる機会があったので、ベタの加減などを時々練習しています。
前よりは苦手意識がなくなってきたかな。

顔の比率が長いキャラが長年描けなくてすごく苦しんでいたんですが、
今回の落書きでちょっと克服できてきた気がします。


そういえば、自分の絵柄というのがずっとわからなくて
2019年までずっと悩んでいたことを思い出しました。



変わったきっかけは、2019年。
天使漫画を描いた時に、一緒にイベントに参加してくれた友達に絵柄の相談をしていて
「戸木瀬はこっちの(デフォルメ)の方向があってるんじゃない?」って言ってくれたことが転機になりました。

そこから研究していって現在に至ります。友人氏、本当にありがとう……。
2020年の終わり頃、初めて絵の関係の仕事を受けた時に資料を見て調べることの重要さにも気づいたことも大きかったと思います。
それまで手癖でずっと描いていたので、慣れるまで最初は大変でしたが……。
一歩一歩できることを増やしていくのがタスクをこなせている感じで楽しかったです。


今もまだまだ勉強中なのですが、お仕事でも役に立つし、技術はこれからもどんどこ習得していきたいです。



<おまけ>

一時期、顔が上手く描けなくてつまづいてた時のメモの一部。
アニメーターさんの描き方動画を見たりしても中々アウトプットが上手くいかず試行錯誤してたんですが、
立体やパーツの比率を調べていくうちに、こういう影を先に描いて添わせた方が捉えやすいな!?と発見したので置いておきます。
パーツの位置関係を覚えるだけでも結構変わるかもしれないです。